円山応挙とコートルード美術館展

f:id:knockeye:20190913015510j:plain

大石良雄図≫円山応挙

 東京芸術大学大学美術館では、いま「円山応挙から京都画壇へ」という展覧会が開かれている。

 円山応挙の展覧会でいえば、今でも思い出すのが、三井記念美術館が2010年に企画した大規模な回顧展で、所蔵の≪雪松図≫をはじめ、今回の大乗寺の≪松に孔雀図≫十六面、草堂寺の≪雪梅図≫、金剛寺の≪波濤図≫十二面、円光寺≪雨竹風竹図屏風≫静岡県立美術館≪竹雀図屏風≫根津美術館≪藤花図屏風≫東京国立博物館≪老梅図襖≫個人蔵の≪蘭亭曲水図襖・壁貼付≫九面、など名品が一堂に会した。

  円山応挙の展覧会としては、あの規模のものはしばらくは見られないだろうと思う。特に、≪雨竹風竹図屏風≫はすばらしかった。

 今回の展覧会は、応挙のものは大乗寺の襖絵が中心になっている。大乗寺は、兵庫県なので、若いころバイクで訪ねた。観光地としては、城崎温泉とパッケージになっているので、あちらにお出かけの方は訪ねてみられればよいと思う。

 今回の展覧会で個人的に興味深かったのは、竹内栖鳳、木島櫻谷などの明治以降の京都画壇のとくに、

f:id:knockeye:20190913015612j:plain

f:id:knockeye:20190913015549j:plain

岸竹堂≪大津唐崎図屏風≫

  岸竹堂の明治九年のこの絵が響いた。このころは、日本画のマーケットが壊滅して、相当な絵師も生活に苦労していたと、狩野芳崖の展覧会で聞いたことがあった。なので、世が世ならば大家で悠々としていられるはずの力量の絵師たちが、必死で新しい絵に取り組んでいるのが伝わる。

 この唐崎の松の表現は、この先にも後にもちょっとない表現ではないかと思う。

 円山応挙の≪大石良雄図≫の「おかる」の美しさには驚いた。江戸の浮世絵の美人とはまた違う感じですね。

f:id:knockeye:20190601004753j:plain

喜多川歌麿 教訓 親の目鑑

 

『命みじかし、恋せよ乙女』が驚くほどよかったのでご報告

 

20190914190539

 樹木希林の遺作となったこの映画だけれど、遺作や絶筆がよいとはかぎらないし、ポスターに女ものの浴衣を着ている白人男性が写っていて、大丈夫か、このJAPANな感じはと、躊躇していたが、ちょっとびっくりするほどよかったので、とりあえずご報告する。

 海外の映画で描かれる日本が、私たちに違和感を感じさせる理由はいくつかあると思う。そもそもまったく日本じゃないという場合は論外としても、日本でも有名な役者が出演していて、舞台も確かに日本のどこかでも、どこかに微妙な違和感を感じがちなのは、たぶんそれはそういう映画が日本をdescribeしようとするからだと思う。それについての説明は、永遠にそれ自身でありえないから、日本をあらわそうとし続ける努力それ自身が、必要な蓋然性との間に不気味の谷を刻み込み続ける。

 しかし、この映画はそもそも、日本を描くつもりがまったくないのは、小気味よいほど。だからそこにふつうに日本と日本人が見えるし、同じように、ドイツ人が見える。

 すこしまえに大ヒットしたドイツ映画『ブルーム・オブ・イエスタディ』を思い出してもらうといいかもしれない。ホロコーストを扱いながらラブコメディとして成功したあの映画と同じように、生と死のテーマを扱いながら、この映画も、理想的に可笑しい。

 なぜ、この映画の監督、ドーリス・デリエが、樹木希林に出演を依頼したか、そして、なぜ、樹木希林がそれを受けたかがよくわかる気がする。樹木希林は、いつも、こんな風に人の世の悲しみを軽妙に演じてきた。

 観に行くかどうか迷っていたが、この映画に出会ってよかったと思う。樹木希林の遺作にふさわしい、悲しくておかしい映画だった。

 全く予備知識なしで観に出かけたので、出演者のプロフィールについてもすべてあとから調べたのだが、不思議な日本女性「ユウ」を演じた入月絢の演技は、まるで優れたダンサーみたいだと思ったら、彼女はほんとに国際的なダンサーだった。

 こういう優れた映画の上映館が少ないのは残念だと思う。

 語りだすとキリがなくなってしまうが、『ブルーム・オブ・イエスタディ』でもそうだったが、戦争と親子、戦争と恋愛について、私たちはドイツの人たちと感覚を共有していると思った。

 よく比較される私たちだし、歴史や状況を共有しているとは言えないと思うけれど、無意識の層で、感覚を共有しているのではないかという思いがした。こういう少し不思議な感覚の映画だからこそなのかもしれないが、そう感じた。

 それは、民族と、ひきこもりと、インポテンツの問題で、これらについては、日本人はドイツ人と以外では共有できないか、とも思うほどだ。

 私たちの民族の誇りを深く傷つけたあいつらが、しかし、ほかならぬ私たちの内側にいて、過ちを認めようとしない苦悩と、その苦悩にもかかわらず、お前たちは加害者で、お前たちには苦しみが足りないとあびせ続けられるごもっともな罵倒について、ドイツ人以外の誰に理解を期待できるだろうか。それでいて、もちろん、お互い肩を叩きあって共有できる種類の理解ではない。

 そういう特殊な状況から目をそらさず、作品を作り続けることがユニークであるとすれば、この映画はユニークであり、また、稀有な作品だと思う。

 表現の自由を話題にするとき、何がしかの表現が規制されたかどうかを問題にしがちだが、それは、表現の問題であるよりは、規制の問題にすぎないのではないか。表現の自由は、「何かを見落とさないか」ではないのかと思う。

 茅ケ崎の海の中に伸びていくピンク電話のコードに、表現の、伝えたい思いのただならぬ強さを感じた。


【公式】『命みじかし、恋せよ乙女』8.16(金)公開/本予告

 

 


東京国際映画祭グランプリ作『ブルーム・オブ・イエスタディ』ラース・アイディンガーインタビュー動画

 

 

 

伊集院光の修学旅行

 JUNKで伊集院光が修学旅行の話をしていた。
 不登校だったんだけど、親御さんが修学旅行だけは行く手はずを整えたんで、とりあえず参加したんだそうだ。
 「京都に行ったんだけど、もう、そのとき噺家の修行とか始めてたから、京都なんか何べんも行ってるし・・・」
 っていうあたり、伊集院光アウトローぶりがかっこよかった。
 だって、ふつう、修学旅行って、行先とか関係ないわけじゃないですか。修学旅行ってイベントは、だから、ハッと考えてしまいました。あれって、団体行動人間を製造する、工程の最後の仕上げなのね。
 「ほらほら、団体行動って楽しいだろう?、いままで、あれこれ言って教え込んできたけど、団体行動してるとこんなに楽しいんだぞー」っていう。
 それで、その後も日本人って、GW、お正月、盆休みって、わざわざみんな同時に休みとるよね。で、混んでるところに行って、みんな楽しそうなんだよね。
 日本の教育が教える「楽しみ」がそういうものにすぎないってことは、私はまずいと思う。
 だって、くらべてみれば、伊集院光がそのおなじ十代の時、今の円楽師匠についていった京都の方が、修学旅行の京都なんかよりずっとディープな体験なのは間違いないわけじゃないですか。そこは議論の余地ないでしょう。
 でも、日本の学校の観点に立つと、伊集院光不登校のおちこぼれなわけでしょう。そのおちこぼれを「受け入れてくれた」他の学生さんたちは、教師に監視されつつ、他校の生徒と喧嘩してみたり、女湯のぞいてみたり。それが楽しい修学旅行で、それを楽しい学生生活の集大成として卒業していく。
 伊集院光が「何これ?」って思ったっていう修学旅行が、けっきょく、いまのこの国の居心地のいい集団社会で、オリンパスでも東芝でも、現状維持できるんだったら、たいていのことには目をつぶるっていう日本人のメンタルはそうとう気持ち悪いと思うし、そして、怖いのは、これが外に向かうと、技能実習生とか難民受け入れとかの態度に見られるような、排外主義に対する無関心になるところ。
 過去においては、それが、徴用工問題とか、関東大震災の時の虐殺とか、中国大陸での残虐行為に反映していると思う。
 集団主義という点では、左右どちらの陣営も同じなのが気持ち悪い。
 日本会議集団主義(というか、全体主義か)なのは、いうまでもないこととして、左派がぜんぜんリベラルじゃないわけです。それが気持ち悪い。
 一例をあげると、小泉構造改革のときに、たかが郵政民営化になぜあそこまで頑強に反対したかわけがわからない。選挙で決定したことなんですよね。それをああだこうだごねてひっくりかえせるとなると、民主主義が成り立たないんですけどね。それを左派が平気でやった。
 慰安婦問題にしても、ウソだとわかったのに30年余もほっかむりして放置した。その理由が、もし謝罪すると右派に攻撃されるからだった。
 つまり、世界が、集団対集団の構造でしか理解できないんだと思うんです。右派左派ではなくて、この集団主義を自覚していないと、まずいことになる気がしますね。
f:id:knockeye:20190902002322j:plain

伊庭靖子展、三国志展

 東京国立博物館で開かれている「三国志展」はすごい人気。ただ、これは、日本人に人気であるだけでなく、中国人に人気みたい。「顔真卿展」のときは、現在、中華人民共和国になく、中華民国でしか見られない書の数々が観られるということと、春節に時期が重なったことで、大陸から人が大挙して押しかけていたのだが、今回のは、中国の国宝級の品々とはいえ、北京にあるものなので、顔真卿のときほどではないみたい。

 

f:id:knockeye:20190908092537j:plain
川本喜八郎 ≪劉備玄徳≫

f:id:knockeye:20190908092601j:plain
川本喜八郎 ≪曹操孟徳≫

 若い人たちにとっては、「三国志」といえば、ゲームなのかしれないが、私にとっては、NHKでやっていた人形劇の川本喜八郎の手になるこの人形たちだ。
 これは中国人にとっては「何だこれ?」ってことだと思う。
 思い返せば、このころのNHK人形劇のレベルは高かった。川本喜八郎の「三国志」に辻村寿三郎の「南総里見八犬伝」(坂本九がナレーションしていた)。
 しかしながら、三国志にさしたる興味もなく(長沢芦雪赤壁図などあるかなと思ったがそれはなかった)、いつもどおり常設展をブラウジングした。

f:id:knockeye:20190908093225j:plain
武蔵野図屏風 作者未詳

 こういうの描いた人が誰わからないのに、あいかわらずびっくりする。

f:id:knockeye:20190911095734j:plain

 それからこれはこのまえお話しした「被衣(かづき)」。頭から被る前提なのが

f:id:knockeye:20190911100112j:plain

この帷子と襟のあたりを比べるとわかると思う。

 今回は刀剣を動画で撮ってみた。


南紀重国 於南紀重国造之

静止画だと

f:id:knockeye:20190908093048j:plain
刀 南紀重国 銘 於南紀重国造之

伝わらない感じなので。


国宝 太刀 福岡一文字吉房(号 岡田切吉房)銘 吉房

f:id:knockeye:20190908093025j:plain
国宝 太刀 福岡一文字吉房 (号 岡田切吉房) 銘 吉房

刀 水心子正秀 銘 川辺儀八郎藤原正秀(花押)寛政十年二月廿九日

f:id:knockeye:20190908092941j:plain
刀 水心子正秀 銘 川辺儀八郎藤原正秀(花押)寛政十年二月廿九日

 でも、この日に上野に行った目的は東京都美術館で開かれている「伊庭靖子展」。なぜかユニクロアプリを見せると割引になる。

f:id:knockeye:20190908093923j:plain
伊庭靖子 untitled

 写真みたいな油彩なんだけど、フォトリアリズムとも違う。というのは、フォトリアリズムの場合は、写真がもっとリアリズムというか、なにげないスナップショットのような絵をあえて油彩にする。伊庭靖子の場合は、元の写真(というものがあるとして)がリアリズムじゃない。
 ジョルジョ・モランディの絵に引き寄せて考えてよいのでしょうか。とにかく、好きです。

f:id:knockeye:20190908093835j:plain
伊庭靖子 untitled

 キリがないんだけど、ホントは、東京芸術大学大学美術館で円山応挙展もやってる。しかし、これはまたの機会にということにして、その筋向いにある黒田記念館。
 黒田清輝がフランスの新聞社の依頼で、日清戦争を取材した絵というのがありました。

f:id:knockeye:20190902003022j:plainf:id:knockeye:20190902002948j:plain
黒田清輝が描いた日清戦争

 昔、見たことがある東京大空襲直後の写真を思い出した。絵と写真の違いがあるだけで、まったく同じ姿だった。

『ベニスに死す』

 午前10時の映画祭で『ベニスに死す』。

f:id:knockeye:20190910220854p:plain
『ベニスに死す』でタージオを演じたビヨルン・アンデレセン

 トーマス・マンの原作を翻訳で読むカタカナの「ヴェニス」よりも、ルキノ・ヴィスコンティの映画の浜辺から、主人公の眺めている、波がきらめく午後の海の方がよいに決まっているけれども、ビヨルン・アンデレセンの演じた「タージオ」の美少年ぶりが、それを見つめる主人公の悔恨そのもののように輝いている。
 最近流行りの「LGBT」映画と一線を画しているのは、芸術家にとっての、美と老いという普遍的なテーマに換装されているためでもあるが、「政治的な正しさ」という免罪符を手にしないまま同性愛を描いているからである。
 というより、実のところ「同性愛」と一般化される以前の、もっとデモニッシュな衝動を描いている。主人公は、何の行動も起こさない、それどころか、いったんは、ベニスを去ろうとするのだが、その唯一の行動すらも、鉄道会社の手違いではたされない。
 主人公はただ見つめているだけ。「タージオ」の美少年ぶりを眺めては回想している。「老いほど不純なものはない」というセリフは、原作にあったかどうか思い出せないが、たぶん、ヴィスコンティが書いたのだろう。
 主人公は老い、シロッコと呼ばれるアフリカから吹いてくる、湿った南風に吹き付けられるベニスは、流行り病に侵食されてゆく。消毒液がまかれ、観光客は姿を消す。
 主人公が言葉を手繰って過去に戻ろうとするのとは対照的に、少年は、ひとことの言葉も発しない。しかし、ときにまなざしを返し、おくれがちに追跡する主人公を待ちさえする。それは、おぞましいほど。
 少年は、美しく、おさなく、何を懼れることもなく、崇拝を当然のことと受け入れるが、何を返すつもりもない。主人公は、少年に触れるどころか、声をかけることすらできない。
 ここにある二重の禁忌、少年の冒涜的な美しさと、それをたたえる主人公のまがまがしい崇拝。こうした禁忌を昨今の「LGBT」映画は持っていない。
 同性愛がまだ犯罪視されていたころのヴィスコンティの映画の方が、政治的な正しさを振りかざす今の「LGBT」映画よりずっと豊かに感じられる。現代の禁忌はたぶんどこか別の場所に潜んでいるか、目の前にあるのに気が付けずにいるのだろう。

Trumpian paradise of low immigration rates ,as a dying country

www.washingtonpost.com
 前の記事を書いた直後にこのワシントンポストの記事がTwitterで流れてきました。
 韓国はもうどうでもいいので、こっちを何とかしないと。せっかく1万人も人が来てくれてるのに、何で追い返してるの?。

難民を受け入れるべき

 韓国人が日本人を殴ったとかで、熱くなってる人も多いらしいが、こちらの事件は、日本の国家公務員が外国人を暴行しているわけで、私たち日本人にとっては、こちらの方がはるかに問題だし、恥ずかしいと思う。



日本の入管は、差別主義者を優先的に採用してるのかってくらい、昔からこの手の噂が絶えないですね。

nikkan-spa.jp

技能実習」などという、つまりは非正規雇用を海外にまで広げる一方で


johosokuhou.com

難民の受け入れは、わずか42人。1万人を超える申請があるなかで、わずか42人。矛盾してるでしょ。
 難民を受け入れられないということが、取りも直さず差別国家の証拠なんだし、お義理にも先進国なんて代物じゃないんですよ。

www.nippon.com