2004-11-09から1日間の記事一覧

名人 志ん生、そして志ん朝

小林信彦 著 『名人 志ん生、そして志ん朝』を読んだ。またまたゲバラは後回し。古今亭志ん朝の急逝に、取り乱しつつ編まれた感がある。小林信彦さんのファンとしては、若い時からの文章の変遷なども楽しめたりする。若い頃の文章は、やはり、ぎらついたとこ…