幻想のフラヌール―版画家たちの夢・現・幻

 小津安二郎の『宗方姉妹』を見た後、まだあまりにも早いので、町田市立国際版画美術館に「幻想のフラヌール―版画家たちの夢・現・幻」を観に行った。
 全品所蔵品。町田市立国際版画美術館なら所蔵品だけで回せるかもしれない。

《荒波》門坂流
《荒波》門坂流
《命の繋がり》山田彩加
《命の繋がり》山田彩加

 幻想的というより偏執狂的。老眼鏡を持ってった方がいい。明らかに全体より部分に興味の中心がある。
 柄澤齊の肖像シリーズだけはその意味では少し違うが、全体としては気分にそぐわなかった。
 併催されている飯田善國の作品群の方がモダンでスッキリした印象を受けた。

『うしなわれないことば』より 4 NAMI-WAVE
『うしなわれないことば』より 4 NAMI-WAVE
飯田善國 詩画集「クロマトポイエマ」
飯田善國 詩画集「クロマトポイエマ」

 飯田善國が西脇順三郎とコラボした詩画集。版画家の仕事のひとつとして詩画集は、本という文化が衰えつつある今ちょっと面白いと思ってる。

 飯田善國は、国際版画美術館のある芹ヶ谷公園の虹と水の広場を作った人。


www.youtube.com


www.youtube.com

www.youtube.com

 芹ヶ谷公園は国際版画美術館の楽しみのひとつ。