『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』オススメ

 「東海岸系」という言葉があるかどうか知らないが、あるとすればそういう。例えば、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』とか『グッド・ウィル・ハンティング』とか『ボストン・ストロング』とか。単にボストンつながりなだけな気もするが、ともかくも『マンチェスター・バイ・ザ・シー』が好きだった人はこの映画も気にいるはずだろうと思う。
 主演のポール・ジアマッティは、一度見たら忘れない役者さんだけど、わたしの中では名バイプレーヤーの印象が強く、『ウォルト・ディズニーの約束』の運転手さんとか『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』の目撃証人とか。でも、アレクサンダー・ペイン監督作品には『サイドウェイ』で主役をつとめたこともあり旧知の仲だったらしい。
 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』を思い浮かべたのは、もう一人の主役と言ってもいいアンガスを演じたドミニク・セッサが、あの時のルーカス・ヘッジズを思い出させたからだ。オーディションで選ばれたまったくの新人だそうだ。クリスマス休暇に全寮制高校の寮に取り残される10代の少年のナイーヴな心情を演じられるのは、どんなに演技力があってもそれだけではダメで、役者としても実年齢でも、この新鮮さが求められる、奇跡的な瞬間が必要なのだろうと思う。
 肩を脱臼したアンガスがオピオイドを処方されるシーンも『ベン・イズ・バック』のルーカス・ヘッジズを思い起こさせた。
 ベトナム戦争で息子を亡くしたばかりで自ら寮に残る寮のおばさんメアリーを演じたダヴァイン・ジョイ・ランドルフはこの役で、第96回アカデミー賞助演女優賞を獲ている。
 奇しくもこの映画は70年代を背景にしている。もし現代の若者ならひとり学生寮でクリスマスをすごさなければならなくても、アンガスほどの孤独を感じないだろう。インターネットというオルタナティブな世界が私たちにはあるからだ。このブログを書いているわたしも、読んでいるあなたも、そんなオルタナティブな世界を生きている。
 しかし、インターネット以前の世界はもっと単純だった。そして広かった。その代わり、世界の片隅はもっと狭かった。世界の片隅で生きる人たちが心を通わせるのは大変なことだった。そういう世界で、自分が必要としている人と出会い、自分を必要としている人と出会う、そういう映画でした。

www.holdovers.jp


 この映画は今年観た映画の中で確実にトップクラスの映画だったので、ついでにこの半年のよかった映画を振り返っておく。
『枯れ葉』
『哀れなるものたち』
『ダム・マネー ウォール街を狙え!』
『コット、はじまりの夏』
『夜明けのすべて』
『彼方のうた』
『落下の解剖学』
『Here』
『ボーはおそれている』
デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』前章、後章
『パストライブズ』
『異人たち』
『熱のあとに』
『悪は存在しない』
『関心領域』

 書き忘れてたけど、ドキュメンタリーとリバイバルは除いてです。