『ウクライナから平和を叫ぶ』

 2015年にウクライナとロシアの紛争地域を取材したドキュメンタリー。
 予告編にもあるのだけれど、親ロ派のおばあさんが、ウクライナ兵がハーケンクロイツをつけてナチス風の敬礼をしていたなどとカメラの前で語る。もちろん、全ての証言の真偽を確かめる術は持たないけれど、まずあり得ない。ほとんどの観客がそう思うだろう。
 これを聞いて思った。つまり、歴史に鑑みて、このロシア婦人が誇れる唯一のロシアの正義はナチスに対する勝利なんだなと。
 裏返して言えば、ロシアのウクライナ侵攻には、ロシア人たちでさえ正義を語れないということを示している。戦争の被害者という意味では、ウクライナのおばあさんも、このロシアのおばあさんも違いないのに、こうなると、このロシア人のおばあさんには同情しにくい。正義はまず人の感情を動かすんだと改めて認識させられる。

 先月の末に国連の人権委員会が、新疆ウイグル自治区で深刻な人権侵害か行われていると中国を非難した。こんなことはとうの昔から、何年も前から指摘されていたにもかかわらず、このタイミングで正式な報告がなされた。
 おそらく、このあたりのタイミングでウクライナの反攻勝利が概ね国連で確信されたのではないか。そうでなくとも、中国に釘をさせる余裕が生まれたのは間違いないだろう。
 9月20日には、バイデン米大統領マクロン仏大統領、それに、岸田首相までもが国連でロシアを名指しで非難した。この裏には、安保理改革の意図がちらついている。ロシアの拒否権が何らかの形で制限されることになれば、中国に対する牽制になるのは間違いない。今のところ中国を足止めできれば上出来なんだろう。

 プーチンは核の使用まで仄めかしているが愚の骨頂だ。今なら北方領土を日本が強引に接収しても非難されないような雰囲気じゃないだろうか。正義は舐めちゃいけないと思う。正義は政治の場では実体がある。
 


www.youtube.com

www.nikkei.com

www.cnn.co.jp

jp.reuters.com

www.bloomberg.co.jp

『LOVE LIFE』

 深田晃司監督はとにかく『淵に立つ』がmasterpieceに間違いなく、観てない人は是非観てほしい。信頼できる作家だとわかるはずだ。
 ニーチェの「反キリスト者」にも見られるようなキリスト教批判を、頭の片隅に置いていないキリスト教徒は狂信家と言っていいだろう。ニーチェのあの本には、キリスト教の悪いところが網羅されているが、一歩引いて眺めれば、ニーチェならずとも、あんなキリスト教批判は、中2でも思いつく、もし、狂信者でなければ。
 そういう中2でも論破できるバカバカしい教義を何とか信じようとしてきた工夫がキリスト教文化だと言えるだろう。余りにもバカバカしい教義だからこそ信仰を集めるのであり、これは皮肉でもイヤミでもなく、この矛盾がキリスト教という阿片の効き目を強烈にしている。
 キリスト教というドラッグが生んだドラッグカルチャーの豊かさを思えば、キリスト教を悪く言う気は失せる。しかし、ヨーロッパを文明社会にしているのは明らかに古典古代の伝統の方である。ライシテに見られるように、現代のフランスはむしろ非宗教化を誇りとしている。
 深田晃司監督作品にはキリスト教徒がよく出てくる。キリスト教徒が少数派である日本社会への興味も、深田晃司作品がフランスで受ける理由のひとつかもしれない。日本という筋金入りの非宗教的社会の中でキリスト教を選択する人に、潜在的な興味を引かれるのではないかと、これは深読みというより勘ぐりに近いが。
 『LOVE LIFE』のスタイルとしての美しさは、主人公の木村文乃永山絢斗夫妻と、永山絢斗の両親夫婦、田口トモロヲと神野三鈴が、向かい合わせのマンションに住んでいること。ほとんど同じ間取りの2つの部屋を行き来しながら進んでいくドラマがスタイルとしてすでに美しい。
 これに、木村文乃と彼女の連子であるケイタ君の間で交わされる手話(ケイタ君は健聴者だが、失踪した実父が聾だったので、木村文乃と彼はときどき手話で話す)の会話空間と、他の人たちとのずれ、また、突然現れるケイタ君の実父(砂田アトムという聾の俳優が演じている)が韓国人という設定なので、彼の言語空間とのずれ、そして、ケイタ君がオセロの大会で優勝しているので、彼がオセロゲームを戦っていたネット空間とのずれ、が加わって、ドラマが思わぬ方向に転んでいく。
 永山絢斗には職場に山崎紘菜演じる元カノがいて、山崎紘菜からすると、木村文乃は彼女から彼を奪ったと言える。そこに木村文乃の元の夫の砂田アトムが現れるわけだから、ありきたりのドラマだと、展開は読めちゃうと思う。これをどのくらい外すかっていうところに深田晃司の力量が現れている。
 砂田アトムの演じている元夫は、ホームレスのダメ人間という憎めないキャラだが、『淵に立つ』の浅野忠信と同じく、トリックスターとして、家庭に突然闖入して来る。ある意味ではこのトリックスターの闖入がこの夫婦を救ったといえる。『淵に立つ』の浅野忠信の存在が、古舘寛治筒井真理子の一家を家族にしたと、これは古舘寛治のセリフにも語られている。
 残酷な問いかけの映画でもある。山崎紘菜は、永山絢斗の家庭が無茶苦茶になればいいという望みがその通りになり、永山絢斗は連子が死んだからさあ次の子を作ろうと思い、連子の嫁が疎ましい舅と姑にとってはその連子がいなくなり、身も蓋もない言い方をすれば、実は、目の上のたんこぶだった子が誰のせいでもない事故で死んじゃったと言う状況。これは、もし、人生を経済効率だけで考えるなら、めでたいといってもいい状況である。
 だからこそ、自分だけはこの子の死を悼まなければと考えて、ホームレスの元夫を支えようとする主人公なんだが・・・。
 こういう問いかけが深田晃司映画の根底にはいつもあって、それがうまくいく時とそうでもない時があると思うけど、今回はすごく上手く決まっている。
 ところで、目を見て話すについての一考察なんだけれど、目を見て話すことが失礼とされた時期は、日本には確実にあったと記憶する。たとえば、面接の時には面接官のネクタイを見ろとかの指導がなされていた気がする。『鎌倉殿の13人』を観ていて気がつくのは、登場人物たちが名前を呼ばない。次郎、小四郎、婿殿、蒲殿、YouTubeの解説によると昔は名前を呼ぶのも失礼にあたったそうだ。
 目を見て話す、話さない、が文化に根ざしているのか、それとも個人的な心理なのか、なんとも言えないのだけれども、目を見ることが人間の交流のプリミティブな部分にあることは間違いなさそう。
 なので、手話で会話する、つまり、目を見て話す元夫と目を見て話さない現夫の間に立つ木村文乃の気持ちが揺れるのはわかりやすい。ただし、目を見て話すからといって、その方が誠実であるとは限らないのもまた多くの人が経験する事実でもあるだろう。
 ありがちなメロドラマのような入口から入って、意外な出口に導かれる不思議な映画だった。
 
 

www.youtube.com

李禹煥

李禹煥

 国立新美術館李禹煥の展覧会。
 私は「もの派」が好きだが、私にとって「もの派」は菅木志雄。国立新美術館でもあったが、横浜美術館の夜間開館で観た作品がすごかった。展示室を飛び出して美術館全体を駆け巡っていた。

菅木志雄

 李禹煥はもちろん何度も観たことがあるが、彼に関してはどちらかと言うと、ミニマルな絵画の印象が強く、「もの派」きっての理論家としてのイメージはあやふや。
 つまり、

李禹煥《点より》

こういう作品と

李禹煥《関係項 - 鏡の道》

こう言う作品の間にうまく線が引けない。

 個人的に今展覧会で好きな作品は

《関係項(於いてある場所)Ⅰ 改題 関係項》

この左側の《関係項(於いてある場所)Ⅰ 改題 関係項》。
 3枚の鉄板がそれぞれ異なる角度で壁に立てかけられてあり、2枚の鉄板が床に横たえられている。
 結局、こういう動と静の緊張感に反応してしまう。すぐれたギリシア彫刻がそうであるように。

《関係項 ー アーチ》

 これはヴェルサイユ宮殿での個展で展示されたアーチの日本版なんだが、スケール感が違う。

ヴェルサイユ宮殿のアーチ

 これは庭を作ったアンドレ・ル・ノートル李禹煥との対決がドラマなのであって、国立新美術館のしょぼい中庭には10センチくらいのカワイイのをいっぱい並べた方が似つかわしかったろう。


www.youtube.com

 この対談が面白かった。ヴェルサイユ宮殿のアーチについても語っている。李禹煥のフランスのアトリエが故・河原温のアトリエと近所だったそうで、その話が面白い。河原温の絵は永遠に分かりそうにない。

『NOPE』の町山智浩批評とライムスター宇多丸批評

 『NOPE』について、宇多丸さんと町山さんの批評が出そろったのでリンク。
 私がこれについてあれこれ言うのは烏滸がましいが、これに関しての宇多丸さんの批評は牽強付会の匂いがする。宇多丸さん自身も「ハイブラウ」という言葉を連発しているのはその言い訳に聞こえる。
 鑑賞の仕方は人それぞれでもちろんいいのだけれど、それを狭めてしまうような考察はあまりよくないだろう。もちろん、宇多丸さんにそういう意図はないに違いないが、町山さんの批評に比べてどちらが面白いか、映画を見たくなるかと言えば、あのシーンはAKIRAだ、あのシーンはエヴァンゲリオンだ、という町山さんのオタク批評の方が面白い。
 もちろん、批評も芸だから、特に毎週やってる宇多丸さんの場合はすべる日もあるんだろう。それに、ジョーダン・ピール監督の前作、前々作のビターな風刺に引っ張られると、今作にもそんなスタンスで身構えてしまうのも仕方ないと思うし、それに、ジョーダン・ピール監督だから、絶対に深い風刺が含まれてるんだという鑑賞を違うと否定するつもりもない。ただ、そういう風に言葉で説明できる批判がしたいだけなら映画を作る必要はないので、映画という表現の根源的な衝動には言葉にできないものがあるのも間違いない。
 だからこそ批評も芸にならざるをえないので、ここで私が書いているようなただの感想や連想とは、町山智浩やライムスター宇多丸の批評はものが違う。ただ、宇多丸さんのラジオには、宇多丸信者みたいなリスナーが集まりすぎてる気がしてちょっと気持ちが悪い。今回の放送で紹介されてるリスナーの「見る、見られる」の話は、『燃える女の肖像』のときに宇多丸さんが言っていたことそのままでもあるし、あの時は共感できたけど、今回もそれかと言われると、ちょっと保留したい気持ちになる。むしろ、宇多丸さんの話ではIMAX関連の話が参考になった。
 町山さんの話では、今回の撮影監督がクリストファー・ノーランの『TENET』のと同じホイテ・ヴァン・ホイテマで、映画内映画の撮影監督のモデルも彼だろうという話が面白かった。
 『TENET』も考察がかまびすしかった映画だったが、あれは物理学者が「私にもわからない」と太鼓判を押したので、少なくとも物理学的な考察は無意味だろうと思う。それよりも逆向きに進む時間と普通の時間を並行して描くというアイデアを楽しめばよかった気がする。
 ただ、こんな具合に何でもアハアハ笑っていると、町山智浩の『フォレストガンプ』評を後で聞いて恥いるなんてことも起きるのは確かだ。
 何にせよこの二人の映画評は傾聴に値する。ときどき身の程をわきまえずうーんとか思うのも楽しみのうち。


www.youtube.com

open.spotify.com


www.youtube.com

www.youtube.com

“統一教会”と性教育 北日本放送 スクープ

 「セックス」という言葉に対するこの山谷えり子のヒステリックな態度は一見の価値あり。ちょっとしたホラーで、たぶん役者さんとかは演技の参考になると思う。横にいる安倍晋三元首相の顔も。こんな人たちがlawmakerでいることのおぞましさ。
 地方局のウェブサイトは、記事がすぐなくなるので早めの閲覧をお勧めします。

www.knb.ne.jp

『この子は邪悪』

 低予算だけれども、奇想天外ではこちらも『NOPE』に負けてない。ネタバレの書きにくさではこちらの方が上かも。というのは、あらすじだけ言うと「んなバカな!」感がこっちの方が強い。ところが、映画で観ると「あるかも」と思わされてしまう。
 監督、脚本の片岡翔は今年の初めに公開された『ノイズ』って映画の脚本を書いた人。あの映画は原作の漫画も読んだけれど、映画化にあたって設定を変えたあたりがすごくうまくハマっていた。原作を破綻させずに映画的な表現にチューンアップするのがうまい人だと思った。今回の映画も、元々は「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2017」の準グランプリを獲得した自身の作品を脚色したもの。受賞したころの設定からだいぶリライトしたみたい。繰り返しになるけれど、下手すると大怪我しそうな設定を、虚虚実のバランスをとりながら進んでいく緊張感が絶妙に上手かった。
 たとえば、二ノ宮隆太郎が演じている狂人がいるのだけれど、単に気が狂った人なのかと思いきや、じつはそうじゃないって後で分かる。この伏線は気がつく人いないっすわ。
 玉木宏の善悪の微妙な境目にいる感じも怖かった。桜井ユキと桜木梨奈の絶妙に似てる美貌もナイスキャストだし、主役の南沙良は『鎌倉殿の13人』で大姫を演じた記憶も新しく、狂気のオーラを纏っている。大西流星が、子供の頃に南沙良にあった記憶があるという謎の仕掛け方もうまい。
 ノベライズされてるらしいが、これは小説ではダメだと思う。文字にするとバレる。なので、あらすじの紹介さえ難しい。あるいは逆に簡単すぎる。
 しかし、あえて紹介すると、玉木宏演じる心理療法士の一家が事故に遭い、妻は植物状態、次女は顔に大やけどを負い、自身も脚に障害が残る。長女の南沙良だけが無傷だったが、心に深い傷を負ってしまう。事故から5年後、父親が「奇跡が起きた」といって昏睡から目覚めた母を連れて戻ってくる。だが、南沙良はその母に違和感を覚える。一方で、奇妙な心の病の母と暮らす大西流星は、母と同じ病いの人たちがこの町に何人もいることに気づいて調べ始める。その過程で、記憶の底にわずかに残っている南沙良に出会い、お互いの秘密を交換し始める。
 この後の展開はもう言えないのだけれど、大方の予想は上回ってくる。その上回り方が絶妙で、上回りすぎない。上回りすぎないから、あなたの予想を上回るでしょうと言えるんだろう。こういう映画はネタバレとかしない方がいいんだろうな。ストーリーテリングのうまさで怖がらせてくれる。
 奇妙な世界観を受け入れたとしても、ツッコミどころは1、2箇所あると思えるが、それでもオリジナリティに圧倒される。
 ところで、二ノ宮隆太郎は『枝葉のこと』、『お嬢ちゃん』以来久しぶりに見られて嬉しかった。また監督作品が観たい。


www.youtube.com

お嬢ちゃん

お嬢ちゃん

  • 萩原みのり
Amazon

『NOPE』

 ジョーダン・ピール監督の『ゲット・アウト』は、同じSFでも、ダークなものが前面に出ている作品だったと思う。主役が同じダニエル・カルーヤだからそういう比較になるのだけれど、今回の『NOPE』は、ダークで悪いジョークに満ち満ちながらも、作品全体のトーンはグッと明るくなっている。
 ハリウッドの近郊で映画撮影用の馬を貸し出す牧場を、親子で経営している主人公。ある日、いつものように馬を調教していた父親が突然、落馬する。空から落ちてきたコインが眼窩深くに突き刺さったのだった。飛行機からの落下物による事故だとされた。この始まり方が秀逸だ。
 快晴の牧場で、突然、馬から落ちる父親。まさに西部劇のオープニングを思わせる。古くから映画の撮影に馬を貸し出してきたこの牧場は今は経営難に直面している。
 彼らの牧場を買い取ろうとオファーしているのが、近くで西部劇のテーマパークを営んでるアジア系のオーナー。スティーブン・ユァンが演じている。『ミナリ』、『バーニング 劇場版』のイケメンなんだけど、この人の曲者っぷりがすごい。テレビの子役出身で共演していたチンパンジーが暴れ出し、彼をのぞいた共演者全員が死傷する大事故の生き残りだ。曲者って言ったけど、奇想天外と言うべきだったかもしれない。
 奇想天外なのはシナリオの方か。『ゲット・アウト』も相当な奇想天外ぶりだったけど、今回の方がさらに突き抜けている。空から落ちてきたコインの謎が見事に解き明かされる。オリジナリティあふれるシナリオなのに西部劇のフォーマットに落とし込まれる。一方で、映画史というか、映像技術史へのオマージュでもあり、さまざまなタイプのカメラが登場してそれが重要なアイテムになっている。シナリオの完成度がすごい。
 空気でクネクネ踊る人形「スカイダンサー」っていうの、あれを使うアイデアも含めて、イメージの想像力もすごい。暗闇で驚かしてくれたり、映画の初期衝動的なアメニティパーク感にも満ち満ちている。
 シナリオがユニークではあるけれど、難解ではないので、考察とかは後回しにして、まず観て楽しむ方がお得だと思う。SF、ホラー、西部劇?。怖くて、ぶっ飛んでて、痛快。


www.youtube.com


www.youtube.com